スクリーンショット 2015-09-27 9.53.33

おはようございます。

本当に過ごしやすい陽気になりましたね。

でもおそらくここから

マッハで冬に突入です。

アウターは買いましたか?

僕は、、、、、・

お楽しみです。

で、さて、

NOYES切っての

かっこよさと

誰もがうなる座り心地の持ち主である

Decibel Professionalが

10月下旬頃

またまたリニューアルしたばかりです。

Decibel Professionalといえば

東京青山ショールームがオープンする前の年

2005年から販売し続けている

とても息の長い

それだけご愛用のオーナー様が多いソファの一つです。

これまでもいくつか

仕様を変更してまいりました。

例えば15cm脚を増やしたり

大クッションのボルスター部の長さを短くして

より身体を支えるようにしたり

座クッションのカバーを交換しやすいように

カバーの開口部を広げたり

羽毛大クッションの

羽毛の量を増やしたりと

10年の間に

様々なリニューアルをしてきましたが

今回のリニューアルが

これまでで一番のリニューアルとなりました。

まず羽毛大クッションの羽毛を

フランス産羽毛へ変更

コレにより耐久性がとても良くなりました。

にもかかわらず

革新的素材のブレスエアーを

インサートし

通気性や型崩れを防ぐ意匠継続性の向上を

叶えることになりました。

脚部はこれまでのゴム材の塗装で太い足から

Decibel C4やDecibel Traditionalで

おなじみにの無垢突板仕様の脚部に変更、

忘れていけないのは

その脚部と同じカラーバリエーションから

選ぶ事ができる

アームテーブルを標準装備

そしてそして、木枠の耐久性の向上に一役買う

ひじ下に脚を追加

そして、カウチソファセットやコーナーソファセットととして

ご使用する際に

ソファをジョイントする

ジョイント部品を

これまで一つでジョインとしていましたが

二つへ増やし

ジョイントの安定性向上を考えました。

10年作り続けてきたからできること。

このコンセプトを元に

今回は思いっきりのリニューアルです。

今、Decibel Professionalをご検討のお客様も

是非リニューアル後の

Decibel Professionalもお試しいただければと

少し早めに

各ショールームでは

展示を始める予定です。

詳しくは

NOYESのメールマガジンを!

ということで

今日は

Decibel Professionalのお話ばかりでしたね。

でも、Decibel Professionalは

本当にスタッフにもファンが多いソファです。

僕もそのうちの一人です!

では本日も張り切って行きます!

いつも最後までお読みくださいまして

ありがとうございます。